Libra協会

Libra協会は、独立した非営利メンバーシップ組織で、本部はスイスのジュネーブにあります。

オープンソース

オープンソースコミュニティを築くことで、金融プロダクトやサービスの堅牢なエコシステム構築を加速化し、世界中の人が日常生活でLibraを使えるようにします。

スケーラブル

ネットワークの拡張は、バリデータノードの追加と、それらノード間の技術ロードマップの調整によって行います。

安定性

Libraリザーブのセキュリティを確保および管理することで、Libraの安定した価値を維持します。

役割

Libra協会はネットワークとリザーブの発展と拡大に尽力し、世界各地でファイナンシャルインクルージョンに取り組む社会貢献事業の助成金拠出を主導します。また世界のコミュニティ、パートナー、政策立案者と協力してLibraのミッションを推進します。

組織

Libra協会は世界各地からさまざまな団体が集まって設立されました。設立メンバーはそれぞれ、Libraブロックチェーンを運営するネットワークの要となるバリデータノードのひとつを運営します。非許可型ネットワークへの移行に向けて、今後コミュニティと共に検討と実装に取り組んでいきます。

創立メンバー

本組織の初期グループは、協力してLibra協会の設立趣意書をまとめ、完成後は協会の創立メンバーとなります。

決済
テクノロジーとマーケットプレイス
電気通信
ブロックチェーン
ベンチャーキャピタル
非営利組織、多国間組織、および学術機関

お問い合わせ

Libra協会に関するお問い合わせは、こちら のメールアドレスにお送りください